セルライトの原因

セルライトの原因とは?

 

太ってしまうと脂肪がついてくると同時に、細胞も「脂肪細胞」となる。
細胞も太ってしまうと、膨れてきて肥大化して、その周りの血管やリンパ管をプレス決める。

 

 

血液やリンパ液の流れが悪くなると、酸素や栄養分を運ぶ血液が巡りにくくなるだけでなく、
老廃物の撤去もできない結果、蓄積されてしまう。

 

こうしたグレードが貫くと脂肪細胞の内が狂いすることで、あの不愉快セルライトになる。

 

 

セルライトは脂肪と老廃物が固まってできたものですが、一般的にセルライトは女性のみ出来てくる。

 

 

 

セルライトを解消する生活習慣は

 

1、件数カロリー、件数脂肪の食品は、なるたけ遠退ける。

 

件数カロリー、件数脂肪の食品は、全身で脂肪に変わります。

 

脂肪が多ければ多いほど、セルライトが望める率も高くなります。

 

 

2、身体は冷やさない時

 

身体が冷えると血行が悪くなり、セルライトができ易くなります。

 

 

3、たまねぎや唐辛子など血行を良くする食品をとる

 

 

たまねぎは血液をサラサラにし、唐辛子は血行を良くする効果があり、老廃物の溜まりを抑えてセルライドをできがたくさせます。

 

4、就寝は十分に

 

 

寝不足や不規則な身の回りは、ホルモン兼ね合いや自律癇の不調をおこしセルライトができ易いグレードを作ってしまう。

 

就寝は十分に取り、正しい身の回りを行うことがセルライト護衛になります。

 

 

5、禁煙がセルライトができづらい身体をつくる

 

タバコは血管締めつけ動きがあり、血行を酷くし、セルライトができ易いグレードをつくってしまう。